2011年4月24日 (日)

内定ガイド~心からやりたいことに出会い、思いどおりに内定を勝ち取る、本当の就職活動必勝法~ 株式会社 カルティベイト出版

内定ガイド~心からやりたいことに出会い、思いどおりに内定を勝ち取る、本当の就職活動必勝法~

内定ガイド~心からやりたいことに出会い、思いどおりに内定を勝ち取る、本当の就職活動必勝法~

下記より購入し簡単なレビューを送るだけで最大3000円還元されます! 

内定ガイド~心からやりたいことに出会い、思いどおりに内定を勝ち取る、本当の就職活動必勝法~

んばれば成功する」

すごく響きのよい言葉です。

確かに、どんな分野でも何の努力も無しに成功した人はいません。

しかし、そこには1つの誤解があるのです。

わたしたちはどのようにして努力したらいいのか教わっていませんし、ただひたすら自分の力を出してがんばっても下手な鉄砲は数打っても当たらないのです。

つまり、努力や頑張りにも「原理原則」に基づいたものが必要なのです。

結果が得られる努力は、苦労を乗り越えるだけの価値があります。

どれだけがんばっても、的を射ない努力は報われません。

輝かしい人生を生きたい貴方へ伝えたいことがあります・・・

内定をとる為には、必要な事を学んで、やればいいだけの話です。

そして、必要な事は限られています。

スイッチを入れれば、誰もが、自動的に内定をとれるシステムを話します。

自動的に内定をとれるシステム?そんなことあるのか。

わたしが話す事は、わたし自身の実体験と、200人の就活生が成果を出してきた、効果の実証されたプログラムなのです。

「最も効率的で、簡単に内定をとる秘訣」を教えましょう。

アピールネタが無い。学歴が低い。やりたいこともよく分からない。

こんな自分が本当に就職出来るのか不安で仕方ない。そう思っている、貴方に送る手紙です。この秘密はいつまで公開出来るか分かりません。

「本気で就活をする」決意の無い人は絶対に見ないで下さい・・・

同じサークルのメンバーでも直ぐに内定が貰える人と、不採用にされつづける人がいます。

同じゼミの中でも直ぐに内定が貰える人と、不採用にされつづける人がいます。

同じ大学で何をやるにもいつも一緒だった性格の似た友人の2人でも、片方は複数の内定をもらい、もう一方はまったく内定がもらえず就職浪人してしまう人がいます。

高学歴なのにどこからも相手にされず内定がもらえない人がいます。

一方で、低学歴なのに就活で逆転して一流企業に内定する人もいます。

一体、成功する人と、失敗する人では何が違うのでしょうか?

例えば、貴方は「お茶」が欲しいとします。

コンビニでは何種類ものお茶がおいてありますよね。

その中から、何を基準に選びますか?

値段、味、健康、ブランド、パッケージ、知名度、いろいろありますが、それぞれ「違い」があるから選べるのです。

もし、全部同じだったら選びようが無いですよね。

「違い」は、選ばれる理由になるのです。

そして、選考はとうぜん落とすためにやっていて、落ちるのは多数派、ごく一部の人だけが「選ばれて」合格できます。

だから、多数派に行かないためにも差別化する必要があります。

皆読んでる就活本を鵜呑みにして実践し、皆と同じような方法を使ったら落ちるのは当たり前です。

倍率100倍の企業で皆と同じ事をしていたら、不合格の99人側に入るのは明白です。
多数派のその他大勢=不合格者になってしまいます。

だから、「差別化」が重要なのです。

「他の人と同じでいい」という考えを捨て去り、明確に分かる違いを打ち出した時、貴方は企業から必要な存在だと思われるようになるのです。

落ちる人は差別化が出来ない。だから、その他大勢に埋もれてしまい落とされる。

これが落ちつづける人の特徴の1つです。

そして、もう1つ落ちる人が持つ致命的な欠点があります。

それが、「感覚がズレている」と言う事です。

落ちてしまうには当然「原因」があります。

企業には明確な選考基準があって、その基準にしたがって合否を判断しているのですから。

ですが、落ちつづける人は

「自分のどこが悪いのか?」「どこをどう改善したら良いのか?」

がまったく分かっていません。

そして、的外れな自己PRと志望動機を作った結果、
自分ではアピールしているつもりでも、まったくアピールになっていない
という状況に陥ります。

いくらがんばっても内定を貰えないパターン

その1
わたしは○○でリーダーをやっていました」
「わたしはバイトで売上アップに貢献しました」

という自己PRをして【面接官をうんざりさせている】ことに気付かない。

その2
「わたしは○○という商品が好きで、それを多くの方に広めたいです」
「わたしは○○という商品・サービスにすごく助けられました。だからやりたいです」

といった的外れな魅力のかけらもない志望動機を平然と話し出す。
本人は何が悪いのかさっぱり分かっていないまま、ただ不合格にされつづける。

その3
「成長したいです」
「社会に貢献したいです」

と面接で話し、それが評価を上げ、
自分が魅力的な人材だと思われるのだと信じ込んでいる。
本人は熱く語っている気になってるが、
面接官からは「だから何?」と思われてるだけ・・・

こういった感覚のズレにいつまでたっても気づかないから、
何社受けても落ちるべくして、必然的に不合格になっていくです。

この大多数の学生が持つ、本人はまったく自覚していないズレを解消する方法は1つ。

知識をつけることです。
知らないから気付かずに地雷を踏んでしまうのであり、
地雷の場所さえ把握していれば、それを回避するのは非常に簡単です。

40億以上あると言われているウェブサイトの中で、貴方が偶然にもこの手紙を発見し、ここまで読み進めてくれたことを嬉しく思います。

貴方がクリックしてなければ、2度と会えなかった可能性だってあります。

わたしはせっかく出会えたこの運命に感謝の思いをこめて、

この手紙を読んでくれる、貴方だけに内定獲得の真実をお話します。

誰でも知っているようなくだらない話はいっさい致しません。

まだ、誰も知らない就職活動の真髄です。

貴方のために、就職活動でとても大事なことをこの手紙に書きましたので、
一字一句慎重にこの先を読んで下さい。

無料ブログはココログ